ありがとうございました

銅夢版画展終了しました。

 

コロナ禍であったり、雨の中来てくださった方もいらっしゃったりと、時間を割いて足を運んでいただきありがとうございました。

 

 

久しぶりの参加でしたが、とてもいい経験となりました。

 

今度も制作が続けられるよう、自分の体調も維持できるようにしなくてはいけないと思います。

 

 

蒲地先生はじめ工房のみなさん、シロタ画廊さん、ありがとうございました。

 

f:id:air-drop:20210606082159j:image
f:id:air-drop:20210606082145j:image
f:id:air-drop:20210606082203j:image
f:id:air-drop:20210606082156j:image
f:id:air-drop:20210606082153j:image
f:id:air-drop:20210606082149j:image

展示のお知らせです。

ここ2、3年体調不良で、制作から離れてました。最近は回復してきたので、先月から少しずつやり始めました。

 

遅くなってしまったお知らせが

 

2つあります。

 

 

渋沢にある、工房仲間である松永ゆかりさんのフレンチレストランにて、マメ版画展が、本日5/31日(月)まで開催されています。

 

今回で2回目の開催です。

 

 

マメ版画で遊ぶ展覧会

 

マメ版画まつり

http://mamehanga.blogspot.com/

 

f:id:air-drop:20210531065733j:image

(写真/©️マメ版画まつり)

 

 

2021年5月1日(土)〜31日(月)

12:00am〜5:00pm(火・水曜休)

 

ぶらっすりー千元屋

http://www.joy.hi-ho.ne.jp/chimotoya/

 

私は昨日、作品やっと納品できました。

f:id:air-drop:20210531071731j:image

 

f:id:air-drop:20210531071739j:image

 

f:id:air-drop:20210531071817j:image

 

f:id:air-drop:20210531071835j:image

 

f:id:air-drop:20210531071858j:image

 

f:id:air-drop:20210531072011j:image

 

 

ランチをいただきました。

 

f:id:air-drop:20210531072000j:image

 

f:id:air-drop:20210531072028j:image

 

f:id:air-drop:20210531072040j:image

 

ほんとはもっと早くお伝えしたかったです。

申し訳ありません。

 

次回もまたあるとのことなので、その時はちゃんと前もってお知らせいたします。

 

 

 

もうひとつは、

 

ずいぶんと参加していなかった、工房展のお知らせです。

 

第20回 銅夢版画展

 

2021年5月30日(日)〜6月5日(土)

午前11時〜午後7時

※最終日は午後5時まで

 

東京都中央区銀座7-10-8

シロタ画廊

 

03-3572-7971

 

シロタ画廊HP

http://www.gaden.jp/shirota.html

 

銅夢版画工房HP

http://doumuhanga.jp/

 

f:id:air-drop:20210531124136j:image

 

(銅夢版画工房Twitterより写真転載)

 

久しぶりに参加させてもらっています。

よろしくお願いいたします。

 

新作2点出品しています。

 

コロナ対策は十分にしていますが、体調の無理のないようにしていただければと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2019年のこと

長い梅雨もあけてやれやれと思ったら、猛暑日が続いてますね。


みなさんは元気に過ごしてらっしゃいますか?


ブログも全然書かずにいたので、まずは、2019年のことをちょっとですが、書いておこうと思います。


自分の制作は全然できずじまいだったのですが、ワークショップを2つ受けました。



1つは、銅版画の道具作り。


もうひとつは、木版画の刷りを体験するワークショップです。


ワークショップは普段、会社勤めをやっている身としてはありがたい機会です。


これまでもいろいろと受けてました。

製本、豆本ラピスラズリから顔料を作る、キャンバス張り、鉱石ラジオ、活版印刷謄写版、顔料から版画用インキを作る(他にも受けてると思うけど、今思いつくのがこれくらい…。)


製本に関しては、何度も違う種類受けてますけど、自分にとって、まだまだ分からないジャンルです。というか、向いてない感じがしています…。けど、そろそろ、やってみたいですが。



銅版画の道具作りは20代の頃からずっとやってみたかったことのひとつだったんですけど、やっとタイミングがきて受けることができました。



(ワークショップ当日、そのわりに遅刻してしまったんですけど…。)




場所は版画工房TYPS(タイプス)


http://typsprint.com/



↓主宰、結城先生がやすりをバーナーで焼き入れしてるところ

f:id:air-drop:20200815110322j:plain




f:id:air-drop:20200815111438j:plain



f:id:air-drop:20200815111554j:plain


f:id:air-drop:20200815111658j:plain



↓今回はスクレーパー(左)とニードル(右)

f:id:air-drop:20200815152434j:plain



↓カーブのところで削ります。(裏は平らです。)

f:id:air-drop:20200815152934j:plain



↓ドライポイントや、強い線のエッチングに向いてます

f:id:air-drop:20200815153022j:plain



制作を続ける楽しみ増えました。



すみません。作業中どうも写真撮るというのが苦手なので少なめでした。


次回はちゃんと撮ろうと思います。



今日はここまでです。木版画は次の回にちょこっとですけど、書きます。作業中の写真撮っていないからサラッとしちゃいますが。



では〜。



うれしいお知らせ


書肆侃侃房さんから

歌人 星野満寿子さんの『西暦三千年の雪』が5/11日に出版されました。



装画は10年前に制作した、私の銅版画が採用されました。


書店ではまだみかけてないですが、Amazonや、お取り寄せが確実です。

(後日、大手町の丸善でみかけました。)


書肆侃侃房
『西暦三千年の雪』のページ
http://www.kankanbou.com/kankan/?itemid=889




ぜひ、手にとってくださいね。

(神保町界隈だと手に入りやすいらしいです。)





私は、本が大好きです。


いつかは本に関わることができたらいいなぁ。

と、ずっと、おもっていました。


長い間続けていると、いろんなご縁で実現するのですね。


嬉しすぎます。



装丁は同じ工房に通っている、

名刺の印刷などでもお世話になっている

片岡好さんが装丁されています。




片岡好デザイン事務所 HP
http://kokataoka.com/index.html

(それにしても片岡さんって、つくづくおもしろすぎるなぁ…)





朗報なのですが、近々に手に入る方法は

双子のライオン堂さん
https://liondo.jp/?p=1743

にて

書肆侃侃房さんからでている文学ムック

『たべるのがおそい』

の装画部のみなさんの展示で

『西暦三千年の雪』も販売してもらえるそうです!

ありがとうございます。


こちらのメンバーは工房仲間のみなさんです。


表紙絵は毎回、片岡好さんなんですよ。


私も足を運ぼうと思っています。



紙質は、パール調なので、キラキラしてます。

実際に触れてみて欲しいです。


星野さんの短歌に込められた

世界観と余白が


響き合っていて


ここちよいものとなっております。




短歌の世界、興味があり

以前から、みずのそらでのグループ展では石川美南さん

と展示を一緒にやっていて、限られた文字数の中で

存分に個性を打ち出す、鋭さ、深さには感心していました。



最近では笹井宏之さんに興味があります。


書肆侃侃房さんからも歌集が出ています。


ぜひ。

個展のお知らせ

今回のDMです

表面は全面樹脂版です。樹脂版は真映社さんにいつもお願いしています。


裏面は活版印刷の活字で、罫線は樹脂版です。活字は築地活字さんで買ってます。


↑ちょっと拡大してみました。

                                                                                                                                                                      • -


2009年、ウィリアム モリスでの個展から9年経ちましたが

この度、個展としては3度目の個展になりました。

スローペースですが、時々グループ展をしつつ、

ちょっとずつ制作は続けてました。


ウィリアム モリスは以前からずっと好きなカフェギャラリーで、

今もよく通ってますが、

2008年のみずのそらでの初個展に、

ウィリアム モリスのオーナーがみにきてくださったのがきっかけで

その日のうちに2009年の個展は決まりました。


ウィリアム モリスの展示はだいたい10年周期で

最初の展示からそれくらいは空けるというルールが

あるそうなので、私もそれくらい経ちました。


それと、やはり、個展をしょっちゅうやれる環境でもないので

その間個展をしたい気持ちはあっても、実現することはなく

これくらいのタイミングとなりました。



今回の内容としては、新作だけ出品しよう!とずいぶん前からこつこつ

作っていたのですが、それが難航してしまい、ほぼ旧作と新作をまぜるかたちになってしましました。

(たぶん気負いがかなりあったのかもしれないです…。)


けれど、場所によって来てくださる方も違いますので

あまりみていただいてない作品を

みていただける機会だと思いますので、

ぜひいらして欲しいなと思っています。

よろしくお願いいたします。

                                                                                                • -


阿部真弓 

く も
うつわ    > のような
ふ ね

2018年2月1日(木)−28(水)
12時30分−18時30分(最終日17時まで)
日・月・第1、3土曜日(3、17日)休

ウィリアム モリス 珈琲&ギャラリー
150-0002
東京都渋谷区渋谷1-6-4 The Neat青山2F

tel 03-5466-3717

(ゆっくり歩いて)
JR渋谷駅東口より 徒歩10分
東京メトロ表参道駅B2出口より 徒歩15分



                                                                                                                                • -

はい。この方はどなたかといいますと、

つるぎ堂のつるちゃんです。

つるぎ堂
http://tsurugido.net


つるちゃんとは実際にはお呼びしたことはありませんが
今回DMの印刷と組版をお願いしました。

(デザインはすべて自分です)

この大きな印刷機でお願いした通りに、寸分たがわず
きれいに刷ってくださいました!

すごい!


活版印刷に興味がある方は、ぜひコンタクトとってみてください。


twitter
https://twitter.com/usturigod?lang=ja


instagram
https://www.instagram.com/tsurugido/

                                                                                                                                • -


さて、これまで3回の個展ですがいずれも2月に開催されています。

なぜ2月?

雪が降ったり、とても寒いのに…。

と思われますけど、季節の中で、いちばん光がきれいだからに他なりません。


というか、寒いのは苦手だけど精神的に澄み切って
自分としては心地いいんです。

育ちが東北なせいですかね…。


では、お足元、気を付けていらしてくださいね。

お勤めの方々は、土曜日は10、24日しかあいておりませんので
気を付けてくださいね。


ウィリアム モリスのオーナー、加々美洋子さんは
洋画家でもありますし、(作家名は日野洋子で)アートにかぎらず本にまつわること
にも造詣がふかいので、お話も楽しいです。

コーヒーはもちろんおいしいですし、(オリジナルの豆も売ってます)
私はいつもカフェオレとシナモントーストたのんでしまいます。

ケーキセットなども早く売れ切れてしますので
なるべく早めの時間がいいかもしれません。


閉店時間はオーナーに急用が入るときがあり、

早めに閉じることがあるので

遅めに来る方は電話連絡してからがいいとおもいます。
tel 03-5466-3717


では

お待ちしております。

ありがとうございました。

[個展・グループ展]

遅れてしまいましたが、先月開催された

「マメ版画まつり」

にお越しいただいたみなさま、

本当にありがとうございました!


天候が良い日も多く、GWもありましたので、

きっと良い時間を過ごされたのでは?

と思ってます。

ワークショップもいろんな方が楽しまれたようです。




展示会場である、工房仲間、松永ゆかりさんの

ぶらっすりー千元屋さんの料理も美味しいらしく、


足を運んだ人たちの感想を、いいなぁ〜。と聞いておりました。

(自分は地味に家でひきこもり作業するGWでした…。)


ゆかりさんをはじめ、運営のスタッフは、作家でもあるので

とても忙しかったと思うのですが、気持ちの行き届いた

丁寧な展示をしてくださいました。(参加者はなんと、100名近くですし。)


こんな素敵な展示に、参加できてよかったなと思いました。

声をかけてくれて感謝です。


それと、目立たない私の作品を見つけて

手元においてくださってる、どなたか。にも、感謝します。


↓マメ版画まつり ブログ
http://mamehanga.blogspot.jp






↑タダジュンさんの個展のDMとウィリアム モリスの企画展のDM
と、そのとき購入した多田進さんのこけしポストカード





やっと梅雨に入るかな?という感じになってきました。

今年は、梅雨が遅れているみたいですね。


最近の気分転換は、知人の展示に行くことです。

直接お会いできて、作品のことなど話すのが楽しいですし、励みにもなります。


大きい会場のギャラリーや美術館も見応えはあるかもしれませんが、


気力体力ともに、今の自分はしんどいかな…。

という感じで、行ってません。


あぁ。ひきこもりDAYS。(内面的に?)

【お知らせ】

“マメ版画まつり”に参加します



5/1(月)〜31(水)12:00〜22:00(火曜定休)2日開廊 17日休


ぶらっすりー千元屋

0463-88-7117

神奈川県秦野市曲松2-7-7



小田急渋沢駅南口より徒歩3分

(新宿より電車で約1時間10分)





古道具屋で買った押し切りで紙を切っています